何故、相手にボールを蹴る?

アドセンス

何故、相手にボールを蹴るの?何故、外に出すの?

このページでは、試合中のキックに関する疑問について解説していきます。

 

リスク回避

ラグビーの質問の中でも多い質問の1つがのがキックです。

 

 

「なぜ、相手にボールを蹴るの?」
「なぜ、蹴って外に出たのにマイボールになるの?」

 

 

キックは、シチュエーションによって使い方が変わってきます。一番多いのが、リスク回避のためのキックです。

 

 

自陣のトライラインまであと10m。
「あっやばい、もう少しでトライされてしまう〜」という場面でボールを奪い返しました。さああなたならどうしますか?
@ボールを回して攻める。
Aキックを使ってまずは敵陣に入る。

 

 

どちらも、間違いではないですがキックを使う理由としてはAです。まず敵陣でプレー!ラグビーのセオリーでしょうか。

 

 

戦術には、必ずメリットとデメリットがあります。ボールを回して継続できれば、敵陣に行ってもマイボールのままです。

 

 

しかし、ボールを奪われれば一瞬でピンチに変わります。キックもある程度 飛距離が出ればよいですが、ミスキックや、チャージをされた場合、すぐにピンチになります。

 

 

ただ、リスクを回避する(そこから逃げ出す)うえで、一番ミスの確立が少なく確実に敵陣に近づく事が出来る戦術が”キック”というチームがほとんどです。

 

ペナルティーからのキック
「なぜ相手にボールを蹴るの?」「なんで外にボールを出すの?」といった疑問は、このペナルティーかたのキックの場合多いです。

 

 

相手が、自分のチームのプレーを妨げる反則を犯した時に(ペナルティーを犯した時に)以下を選択する事が出来ます。

 

@スクラムを組む
Aゴールを狙う(3点)
Bタッチキックを蹴って陣地を稼ぐ

 

 

Aはご存知ですよね。2015年ワールドカップでも↓のポーズが流行りました。

 

 

問題はBのペナルティーでのタッチキックです。このキックはタッチの外に出ても相手ボールにはなりません。出たところからマイボールラインアウトでスタートです。

 

 

なので、もの凄くキック力のある選手がいるチームは有利ですね。自陣でペナルティーキックを蹴って一気に適陣ゴール前なんて事は良く見かけます。

 

 

そして、キックを蹴って、ナイスキックが出ると観客が拍手をします。

 

 

「何でキックしただけで拍手してんの?」と最初は疑問に思うかもしれません。

 

 

でも実際は、「キックのおかげで、こんなに敵陣奥深くに入り込む事ができた!」という事になります。

 

 

では、サンウルブズがペネルティーをもらい、タッチキックで敵陣深くに入り込みラインアウトでリスタートするプレーを見てみましょう。

<div class=”movieinfo”>

 

 


トップページ 世界の名フランカー ルール