ラグビーのルールは簡単だった!

アドセンス

ラグビー日本代表が合宿したシュラトン・グランデ・オーシャンリゾートってどんな所?

今季春シーズン、ラグビー日本代表が合宿を行った宮崎県のシーガイヤ・リゾート。

 

 

どんな所かちょっと気になりませんか?

 

 

元々、シーガイヤ・リゾートは93年に開業した世界最大級の屋内遊泳施設として日本各地から観光客が訪れていましたが、バブル崩壊とともに経営破綻に追い込まれ2007年に閉鎖。

 

 

老朽化が進んでおり、2014年にようやく解体する事を発表しております。

 

 

しかし、気温に恵まれた、ここ宮崎県では、プールだけで集客している訳ではありません。野球・サッカー・陸上など多くのスポーツ選手が利用する土地でもあります。

 

 

暑くなりすぎず、寒くなりすぎない土地がらが大人気なのです。

 

 

そして、2015年にワールドカップを控えている我らが、ラグビー日本代表も愛用した土地なのです。

 

 

そして、ラグビー日本代表が宿泊するホテルが「シュラトン・グランデ・オーシャンリゾート」世界のVIPに愛される!?全室オーシャンビューの
ホテルです。

 

「多分、VIPってほとんどスポーツ選手です。」タイガーウッズとかトム・ワトソンとか。。

 

 

ホテルの入口には、

 

吹奏楽も宮崎で合宿するようですね。

 

このホテルは全室オーシャンビューとなっており眺めも最高です。

 

 

写真を撮った部屋は8階ですが、見晴らしは良いです。海林の前に見えるのが、「トム・ワトソン」が設計したゴルフ・コース。

 

 

そして、右手には惜しくも解体となってしまうオーシャン・ドームが見えます。

 

 

シャワールームも綺麗ですよね。部屋もとっても綺麗です。

 

最上階には展望台もあり、その下の階には、「川越達也さん」のレストランもあります。

 

 

スパやジム、プールも完備されており休日のひとときを過ごすには最高のホテルですね。

 

 

旅行サイトでの宿泊者のレビューも5つ星評価が非常に多いです。

 

 

街も海も見渡せて大満足です。
★★★★★

 

 

従業員の対応が良かった。
料理も、夕食・朝食と飽きずに美味しい。
★★★★★

 

 

全室オーシャンビューでお部屋も綺麗
わがままも聞いてくださいました。
★★★★★

 

お客様は大満足のようですね。

 

ただ、1つを除いては。。。
ただ、1つ。。それは。。

温泉まで遠い。。

 

と言う事です。

 

 

当ホテルは、シャワールームやバスタブは各部屋に完備しておりますが、温泉もございます。松泉宮(温泉)は宿泊者をリラックスさせてくれる最高の場所です。

 

 

1千万年前の地層から湧き出す温泉は美肌効果などさまざまな効能があるとされています。化石成分が溶け出した水なのでちょっとしょっぱいです。

 

 

では、「どれくらい遠いのか?」説明致しますね。

 

 

客室を出て3階に降りてから、温泉への長い道のりに入ります。

 

この長い道を抜けると、少しおしゃれなリラックスゾーン?のような場所を通ります。

 

 

そして、もう少し進んでエレベーターで1階に降ります。

 

 

1階に降りてから、また長い道のりです。

 

 

まっすぐ進んで、左折してまっすぐ進んでまた同じような道を進んで受付にたどり着きます。

 

 

受付では、宿泊料金に温泉代が含まれていない方は温泉料金を支払います。
月読:1000円
新月:2500円
と結構いい値段しますね。

 

 

料金を支払い、更に100mくらい歩いた所に

 

ようやく温泉があるのです。

 


ん〜。
これは、ラガーマンにとっては苦かもしれませんね。

 

汗をかいて疲れた体を癒すのは、
温泉やサウナといった施設は最高です。

 

しかし、これほどまでに遠いとしんどいと思います。
「部屋のシャワーでいいや。」
なんて事もあるでしょう。

 

 

実際、私は、選手達の夕食後であろう時間帯に
長い事お風呂に入っておりましたが、
お風呂で見る事が出来たのは、
「ホラニ・龍コリニアシ選手」だけでした。
勿論、他にも入っている選手はいたでしょうが
見れなくて残念です。

 

 

しかし、何で温泉をこんなに遠くに作ったのでしょう。
そうするしか無かったのか?わざとしたのか?
ちょっと気になりますよね。
恐らく、宿泊した事のあるほとんどの人が
そう感じていると思います。


トップページ 世界の名フランカー ルール