ラグビーのルールは簡単だった!

ルール記事一覧

FWとBKの役割

このページでは、BK(バックス)とFW(フォワード)の役割について解説いたします。このページを読んでおけば、FW(フォワード)がラグビーの試合において、如何に重要なポジションか理解できます。FW(フォワード)で試合が決まる!イングランドで生まれたラグビーは初めは、ボールを持てば全員でアタック(攻撃)...

≫続きを読む

ディフェンスの反則

このページでは、ディフェンス側(タックルをする側)が犯しやすい反則について説明いたします。ディフェンスをしているチームとはボールを持たないで、タックルをしているチーム、ボールを取り返そうとしているチームの事です。。タックルが成功してボールを奪えればアタック(攻撃)に変わります。体を張ってタックルを繰...

≫続きを読む

ペナルティーとは?

このページでは”ペナルティー”について解説いたします。1試合で両チーム合わせて約10回は発生させてしまうペナルティーはノックオンとは違い、何故スクラム以外のキックも蹴れるのか?理解する事が出来ます。反則を犯すと、@必ず相手ボールのスクラムからスタートする反則と、A反則を犯した場所から、スクラム以外で...

≫続きを読む

ラインアウトとは?

このページでは、ラインアウトに関する疑問について解説していきます。ラインアウトはサッカーでいうスローインです。ただラグビーは、2列に並んだ間にボールを投げます。各チーム2名以上で並びます。公平に試合を再開させるためだとか。。。2名以上なので15人並んでもいいんです。↓の動画で10人以上並んでいるいる...

≫続きを読む

誰でも当たれる?

ラグビーを知らない方のなかには、たまに下記のような質問をされる人もいますね。「アメフトのように、ボールを持っていないプレーヤーが体をぶつける行為は反則なの?」確かにアメフトは、ボールを持っていないプレーや同士が、体を激しくぶつけ合っていますが、ラグビーの場合、ボールの密集に関係ない所で体をぶつけてい...

≫続きを読む

何故、相手にボールを蹴る?

このページでは、試合中のキックに関する疑問について解説していきます。リスク回避ラグビーの質問の中でも多い質問の1つがのがキックです。「なぜ、相手にボールを蹴るの?」「なぜ、蹴って外に出たのにマイボールになるの?」キックは、シチュエーションによって使い方が変わってきます。一番多いのが、リスク回避のため...

≫続きを読む

アドバンテージ

ラグビーのルールの1つにアドバンテージという用語があります。サッカーの試合でもよく耳にしますが、ラグビーではどのような時にレフェリーが「アドバンテージ!」と声に出すのでしょうか。「ボール落としたのに何ですぐに笛を吹かないの?」といつも疑問に感じている方は、このページを見れば理由が分かりますよ。日本ラ...

≫続きを読む

スクラムとは?

このページではラグビーのスクラムについて紹介します。スクラムは、ラグビーの試合を観戦していると必ず1回は見るプレーなのでしっかりと覚えておきましょう。まず、このページでは、”スクラムとは何か”をお伝えいたします。スクラムとは何か?試合中に中断があった際、プレーを再開する時に行うスクラムですが、基本的...

≫続きを読む

スクラムを組む反則

このページでは何の反則があった時にスクラムを組むのか説明していきます。このページを見た後は、「何で、またスクラム組んでいるの?」と疑問を抱く事も少なくなるでしょう。ラグビー競技規則には下記のように書かれています。スクラムの目的は 、軽度の反則や競技の中断があった後に 、ボール獲得のための争奪でプレ ...

≫続きを読む


トップページ 世界の名フランカー ルール