ラグビーのルールは簡単だった!

ラインアウトとは?

このページでは、ラインアウトに関する疑問について解説していきます。

 

 

ラインアウトはサッカーでいうスローインです。

 

 

ただラグビーは、2列に並んだ間にボールを投げます。各チーム2名以上で並びます。公平に試合を再開させるためだとか。。。2名なので15人並んでもいいんです。
↓の動画で10人以上並んでいるいる超貴重なラインアウトが確認できます。

 

<div class=”movieinfo”>

 

 

基本的に、投げたいところに投げるので何処に投げてくるか知っているチームが有利です。つまり、マイボール側のチームです。

 

サインは誰がだすの??

投げる場所は、サインコードで決められてます。「サイン!2456!」などのコードを言います。一番最初の数字の2に投げるのであれば、前から2人目のの選手に投げる。と言ったような決め打ちをするのです。

 

 

以前は、ボールを投げる選手がサインを出すチームが多かったですが、近代ラグビーでは、ジャンパーがディフェンスのジャンパーの位置を見てサインを出すチームも多いようです。

 

 

ラインアウトのボールはジャンプをしてキャッチします。ジャンプする選手はジャンパーと呼ばれます。ジャンパーがジャンプをして、敵がジャンプしないと届かない
高い所でボールをキャッチします。

 

 

しかし、敵もバカでありません、

 

 

ボールをキャッチする選手がどの選手かあらかじめチェックしています。なので、その選手の横にずっと張り付いておけばボールが飛んでくるのです。

 

 

ですが、反応が遅ければボールをを奪う事ができません。

 

 

基本、先にジャンプをしたジャンパーがボールをキャッチします。つまり、何処にボールが飛んでくるか分かっているマイボール側のチームが有利という訳です。

 

ボールをはたいていいの?

もし、タイミングよくボールに触る事が出来た場合、そのボールを取ることも出来ますし、はたく事もできます。

 

 

しかし、はたく場合は前にはたいてしまうとノックオンになってしまうため、後ろにはたく必要があります。


トップページ 世界の名フランカー ルール