8

アドセンス

8

チームの大黒柱No.8のポジションについてもう少し詳しく説明致します。

 


出典:ウィキペディア
No.8はスクラムの最後尾からフォワードの士気を高める大黒柱的な存在です。

 

 

その為か、キャプテンを務めるチームも多いです。

 

 

歴代の日本代表を見てみましょう。

 

 

2015年シーズンの日本代表もそうですね。キャプテンを務めるのはNo.8のリーチマイケル選手です。

 


出典:https://www.toshiba.co.jp/sports/
1988年10月7日生まれ(25歳)
札幌山の手高校−東海大学−東芝
ポジション:ナンバーエイト 189cm/108kg

 

 

他には、箕内拓郎選手

出典:https://www.toshiba.co.jp/sports/

 

関東学院大学、NECでキャプテンを務め優勝請負人と称されたヒットメーカーです。

 

日本人離れした体格とガッツで日本代表でも大活役しました。
日本代表では48キャップ
トップリーグ通算100試合出場を達成!

 

 

チームで一番強いのがNo.8と言っても過言ではないでしょう。
No.8は強くなければいけません。

 

 

サインプレーが上手くいくかどうかもNo.8の強さとスキルで変わってきます。空いたディフェンスの穴を埋めることが出来るのもNo.8の運動量が鍵を握ります。

 

 

また、このポジションは全ポジションの中でも、一番自由にグランドを動き回れるポジションでもあります。

 

 

というのも、プロップの選手がウイングの外、つまり一番端っこにいると、「何サボってんの?」なんて言う人も出てくるでしょう。

 

 

しかしNo.8はポジションがらどこにいても不自然ではありません。

 

 

どんな所にも顔を出し、どんな所でもタックルに行く自由人なのです。

 


トップページ 世界の名フランカー ルール