ラグビーのルールは簡単だった!

アドセンス

ラガーマンが飲み会で盛り上がるゲーム!

飲み会でのゲームは色々ありますが、ラガーマンの中でも、人気なのが「バッファロー」というゲームです。

 

山の手線ゲームやたけのこニョッキなどのゲームは声を出さないと出来ないですが、この「バッファロー」は声を一切出さなくても出来るゲームです。

 

 

このゲームは、ラグビーの強豪国NZのオールブラックの選手の中で作られたゲームだと聞いております。

 

何故 このようなゲームが作られたのかと言いますと、強い集団はいろいろなイベントに招かれます。その都度、お偉いさんの話を聞かなければいけません。

 

 

そんな状況の中、声を出さずに出来るゲームとして選手の中で盛り上がりを見せたゲームの1つなのです。

 

ルールは簡単、ラグビーのパス回しをイメージしてください。
@右方向に手を向け両手をパチン(左手をかぶせます)
 ⇒右パス

 

A左方向に手を向け両手をパチン(右手をかぶせます)
 ⇒左パス

 

B両手をパチン
 ⇒パスが回っている方向に飛ばしパス

 

C誰かがミスしても指を差したら駄目です。
  必ず、肘で指します。

 

Dお酒は利き手ではない方で飲みます。
  指2本分(2フィンガー)飲みます。

 

ミスを2回すれば、4フィンガー飲むことになります。例えば、ゲームに負けて間違えて右手で飲んでしまうと4フィンガーとなります。さらに、誰かを指摘しようと指で指してしまうと6フィンガーとなります。

 

このゲームは、やりすぎ注意ですね。酔っぱらうと負のスパイラルから抜けだせません。

 

負ける⇒悔しいから誰かを狙う⇒狙った相手がミスする⇒嬉しくて「あー!」と指をさしてしまう。⇒2フィンガー飲むも利き手で飲んでしまう。⇒さらに2フィンガー飲む。。

 

というスパイラルに陥ってしまうのです。


トップページ 世界の名フランカー ルール