ディフェンスの反則

ディフェンス側が犯す反則

このページでは、ディフェンス側(タックルをする側)が犯しやすい反則について説明いたします。

 


ディフェンスをしているチームとはボールを持たないで、タックルをしているチーム、ボールを取り返そうとしているチームの事です。。

 

 

タックルが成功してボールを奪えればアタック(攻撃)に変わります。体を張ってタックルを繰り出すディフェンスは、どちらかというとアタック(攻撃)している時より反則を犯します。

 

 

皆、ボールを取り返そうと必死なのです。一番、多いのが「オフサイド」という反則です。ディフェンスのオフサイドを車の運転に例えると、「見切り発車」と「割り込み」でしょうか。

 

 

前者は信号が青に変わっていないのに発車する。
後者は、車線変更禁止の黄色ラインで割り込みをする行為です

 

 

まさに、この状態がラグビーでもできるのです。

 

 

まず、「見切り発車」から説明しましょう。タックルが成立して、敵味方がボールを奪い合うために2.3人が集まり密集してごちゃごちゃします。

出典:http://www.kyushu-rugbyjuku.jp/

 

 

この密集をラックまたはラックと呼び、ラックは選手が寝ている状態、モールは立って組み合っている状態です。上記画像はラックです。

 

 

そして、このラックorモールが形成されると同時に出来るのがオフサイドラインです。ここで信号が赤に変わります。オフサイドラインが形成されると、ディフェンスしているチームは皆横1列に並びます。狙いを定めるのです。

 


出典:http://rugtube.com/?p=1582

 

そしてまだか、まだかと待ちます。信号が青に変わるのを!

 

 

オフサイドラインが出来ると解消する(信号が青になる)まで前にでれません。出ると、「ピーー!」です。

 

 

ボールがラックorモールの中から出るとオフサイドライン解消となりなります。ようやく、信号が赤⇒青に変わるのです。解消すると競走馬のように一騎に前に走りだします。

 

 

芝10メートルくらいでしょうか。そして勇敢なタックラー達は体をぶつけタックルし、ボールを取り返しに行くのです。

 

 

そして、もう1つの「割り込み」について説明します。この反則は非常にシンプルで、ラックやモールに参加するときは後ろから参加するのがルールです。横から入ろうとすると「ピー!!!」と笛を吹かれてしまいます。

出典:http://www.kyushu-rugbyjuku.jp/

 

 

そして、オフサイドの他に近年厳しくとられるようになった反則が、「ハイタックル」です。ラグビーの場合、タックルは肩より下に入るのがルールです。もし、肩より上にタックルに入ってしまうと、イエローカードorレッドカードが出されます。

出典:http://www.kyushu-rugbyjuku.jp/

 

 

以上、ディフェンス側が犯す反則について解説いたしました。もちろん上記の他にもたくさん反則はございますが、上記反則さえ覚えておけばディフェンス側の反則はマスターしたようなものです。


トップページ 世界の名フランカー ルール