ゴールポストの形

アドセンス

ラグビーのゴールポストの形

 

その形の通り、Hポールと呼ばれます。

 

ラグビーの得点の形として以下があります。

 

@トライ:敵陣のインゴールにボールをつける⇒5点

 

 

Aコンバージョンキック:トライ後にキックを蹴ります。⇒Hポールの上部を通り抜ければ2点追加

 

 

Bペナルティーゴール:相手がペナルティーを犯した際に選択出来ます。⇒Hポールの上部を通り抜ければ3点(反則を受けた時のみ選択可)

 

 

Cドロップゴール:一度地面にワンバウンドさせてゴールを狙います。⇒Hポールの上部を通り抜ければ3点(いつでも狙ってよし!)
↓映像はこちら

 

 

 

つまり、トライ以外にゴールキックの得点を確認するには、Hポールみたいな形をしていないと確認しにくい訳ですね。これはアメフトも同じです。

 

 

またラグビーの場合、当初はキックの得点のみでした。トライというのは、ゴールキックへの挑戦権であって点数にはならなかったようです。

 

 

しかし、ディフェンスが組織化され、トライが取りにくくなり、トライの貴重性がアップしトライの得点がルール化されたと考えられます。。


トップページ 世界の名フランカー ルール